いざという時のためにもアフターピルを常備しておく

緊急避妊薬としてアフターピルを常備しておくことは非常に重要です。
アフターピルを常備していれば、コンドームが破けた場合や外れた場合、性被害にあった場合など、望まない妊娠を防げる可能性が高くなります。
コンドームが破けたり外れたりして精液が膣内に漏れてしまった場合など、72時間以内にアフターピルを服用すれば高い確率で望まない妊娠を避けられます。
避妊に対する正しい知識を身に着け、自分自身の身体を守れるようにしておくことが大切です。

アフターピルは望まない妊娠を避けるための最終手段として服用する薬です。常用するものではありません。
アフターピルの避妊率は約80%程度と言われており、大部分の望まない妊娠を避けることができますが、妊娠しないというわけではないためこの点に留意する必要があります。
性交渉後72時間以内に服用することで、緊急避妊薬に含まれている女性ホルモンが排卵を遅らせ子宮内膜への着床を阻害することによって避妊効果を得ることができます。
72時間以内の服用で避妊効果を発揮しますが、性交渉後できるだけ早く服用すると避妊の効果が高まります。
アフターピルは服用が遅くなれば遅くなるほど避妊の可能性が低くなってしまうので、できるだけ早い服用が望まれます。
だからこそ、いざという時のためにもアフターピルを常備しておくと安心です。

アフターピルを服用した後に、3日~3週間程度で少量の出血があれば避妊に成功したと言えます。
この出血は消退出血と呼ばれ、子宮内膜が剥がれたことによって生じる出血です。
ただし、出血があった場合でも妊娠による着床出血という可能性もあります。
着用出血は気づかない人もいるほど少量の出血で、血が混じった茶色いおりものであることが一般的です。
避妊できたかどうかは出血によって判断するのではなく妊娠検査薬で妊娠の有無をチェックすることや、病院に行って診断してもらったほうが確実なものとなります。

日本での性被害は報告されていないものが多い?

日本での性被害の件数は報告されていないものも含めれば、非常に多い可能性があることも指摘されています。
性的な関係をもってしまった、あるいは性的被害を受けたという事実を隠そうとして、誰にも相談できずにいる女性が数多く存在すると考えられます。
日本では、性的被害に関する全国調査が実施されているわけではないため、正確な性被害の件数が把握できていません。
性被害にあった方の相談や申告があった場合にのみ、性被害の件数として数えられてしまっている可能性があります。
そのため、すでに報告されて知られているよりも日本での性被害の件数は多いと考えられます。

十分な避妊対策を行っていない場合、望まない妊娠をしてしまう可能性があります。
ちゃんとコンドームなどの避妊具をつけて性行為をしたとしても、破れたり外れたりしてしまう可能性もあります。
こうした万が一の自体に備えてアフターピルを常備しておけば万が一の場合でも安心です。アフターピルは日本では市販されている薬ではありません。
購入するためには病院で処方してもらうか、専門通販で購入するしかありません。
そのため、アフターピルを服用しようと思っても夜で病院が開いていない場合や、近くに病院がない場合にはすぐに手に入れられない可能性があります。

また、専門通販で購入する場合、病院よりも比較的安価で購入できるというメリットがありますが、必要な時にすぐ購入できるかどうかはわかりませんし、薬が届くまでに時間もかかります。
アフターピルの効果は早く服用すればするほど高くなります。
逆に言えば、遅くなればなるほど妊娠の可能性が高くなってしまいます。そのため、万が一に備えて常に常備しておいた方が安心です。

Recommend
No articles