モーニングアフターピルは病院へ行かず個人輸入で買う

個人輸入サイトを利用する女性たち

避妊はできるだけ計画的にしたいものですが、現実には予定どおりにいかないことがしばしばあります。
ピルを飲み忘れたとか、避妊具が破損したとかいうトラブルも起こり得ますし、犯罪の被害に遭ってしまったという深刻な場合もあるでしょう。
そんな万が一の際に、頼りになるのがモーニングアフターピルです。
性行為の72時間以内に服用すれば、ほぼ確実に妊娠を防ぐことができるとされています。

日本ではモーニングアフターピルは、医師の処方が必要な薬とされていて、原則的には産婦人科の病院へ行かないと入手することができません。
しかし予想外の事態で気が動転しているとき、なかなか病院へは行きにくいものです。
医師に事情を説明するのも精神的な負担になりますし、産婦人科で他人の目にさらされる心配もあるでしょう。
もたもたしているうちに時間が過ぎてしまうと、せっかくの避妊薬も効果が失われる可能性があります。

このようなとき利用したいのが、インターネットの個人輸入代行サービスです。
日本の薬局で買えないモーニングアフターピルなどの医薬品でも、自分で使用する分を海外から輸入することは違法にはなりません。
もちろん輸入には外国語での交渉や通関手続きなど、いろいろ面倒な手間が必要になります。
インターネット上の代行サービスを利用すれば、それらの手続きなしに普通の通販感覚でモーニングアフターピルを購入できます。
個人輸入で買って常備しておけば、いざというとき速やかに対処できるでしょう。

個人輸入を利用するメリットは他にもあり、なかでも大きいのは薬代を節約できるという点です。
海外から直接輸入すれば、値段の相場は病院で処方を受けるよりもかなり安くなるのが一般的です。
また病院へ行けば診察料がかかりますが、個人輸入であれば薬代だけで済み、診察料はもちろん交通費なども必要ありません。
それに加えて時間の節約にもなるので、忙しい方にもメリットがある方法と言えます。

個人輸入代行には偽物の薬を扱う悪徳業者もいる

良いことずくめに見える個人輸入代行サービスですが、偽物の薬を扱う悪徳業者もいる点には注意しなければなりません。
さらに悪徳な業者は、お金を振り込んでも商品を送ってこない場合があります。
通販サイトやオークションサイト全般に言えることですが、店頭で実際に商品を見て買うわけではないため、だますつもりで商売をするのは難しいことではありません。
もちろん大部分の業者は真っ当な商品を取り扱っていますが、一応疑ってみるのは大事なことです。

個人輸入代行業者は海外に拠点を構えていることが多く、同じ業者がインターネット上で複数のサイトを設置している場合もあり、なかなか実態を把握しにくいのが現状です。
値段の相場もサイトによってさまざまなので、どこが信用できるか見極めにくいかもしれません。
良い口コミは必ずしもあてになりませんが、長期間にわたって営業を続けている業者なら、ひとまず信用できると考えてよいでしょう。
悪徳業者のほとんどは、短期間でサイトを閉鎖してしまうためです。

いくら値段が安いからといっても、聞いたことのない新しい業者に注文するときには気をつけてください。
業者の所在地や代表者の名前は、実在するか確認するようにしましょう。
これらがサイトに表示されていないのは論外と言えます。
また日本の法を遵守している旨の記載があるかどうかも確認するとよいでしょう。

個人輸入したモーニングアフターピルには、日本語の説明書がついていない場合があります。
英語に堪能な方なら問題ありませんが、自信のない方は用法や用量を確認してから購入してください。
最初は病院で処方を受け、使用法を熟知してから個人輸入するというのもひとつの方法です。