低用量ピルが合わない時は超低用量ピルのヤーズ

低用量ピルが合わない場合には超低用量ピルのヤーズを使用すると良いです。
ヤーズは超低用量ピルに分類される最も新しい世代のピルです。
黄体ホルモンであるドロスピレノンと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールという2つの女性ホルモンが配合されています。

超低用量ピルであるヤーズは月経困難症の軽減目的で販売されているピルで、一般に言う低用量ピルよりも成分として含まれているエストロゲンの量が少なくなっています。
低用量ピルのエストロゲン量が0.03〰0.04mgに対して、ヤーズのエストロゲン量は0.002mgと非常に少ないことが特徴です。
ヤーズに含まれているエストロゲン量が少ないからと言って、その効果も少なくなっているという訳ではありません。
むしろ、ヤーズはこれまでの低用量ピルでは、副作用として吐き気などの症状が出てしまい服用できなかった方など、低用量ピルを服用したいが服用できなかった人でも安心して服用できるピルとして活用されています。

また、ヤーズに含まれている黄体ホルモンは合成ホルモンであるドロスピレノンであり、自然な黄体ホルモンの作用に極めて近いため、副作用が出にくいという特徴があります。
ヤーズが採用しているドロスピレノンという黄体ホルモンは、利尿ホルモンから合成されています。
そのため、体内で生成される黄体ホルモンの働きと極めて近くなっています。
そのため、ピルの代表的な副作用であるむくみなどの症状が出にくくなっていることも特徴です。
卵胞ホルモンとしてヤーズに使われているエチニルエストラジオールには、男性ホルモンの働きを抑える作用があるため、より男性化作用を抑えることができるようになっています。

利尿ホルモンから生成されていることによって、低用量ピルの副作用であるとされていた男性化作用もほとんど生じることもないと言われています。
これまでのピルは男性ホルモンからエストロゲンを合成していました。
そのため、男性化作用という副作用があり、男性化作用によって体重増加・食欲増進・多毛症・ニキビ・性欲が増すなどの症状が起こりやすくなっていました。

ヤーズを通販で入手してみよう

ヤーズを買うなら通販がオススメです。ヤーズの取り扱いや通販の注意事項を確認してみましょう。
通販でヤーズを購入

ホルモン含有量が多いと副作用が出やすくなる

ピルには様々な種類のものがありますが、成分として含まれている黄体ホルモンの含有量が多いとピルに特有の副作用が出やすくなるという特徴があります。
これは、エストロゲン含有量が多いと自然に備わっている身体の中のホルモンバランスに働きかける作用が強くなることから副作用が出やすくなってしまうからです。
ピルの歴史はこの含有量をいかに減らすかの歴史であったと言っても過言ではありません。
含有量を減らすことによって、副作用を抑えることができるようにしてきたのがピルの歴史であるのです。

1960年代にはノルエチステロンが開発されピルが経口避妊薬として使用されるようになりました。
このピルは第一世代のピルと呼ばれ、現在では、高用量ピルとして活用されています。
この第一世代ピルのエストロゲンは作用が弱いため、ピルの効果を得るためには多くのエストロゲン量が必要でした。
この含まれているエストロゲンが多いと血栓症などのリスクが高くなるという副作用があります。
その後、含まれているエストロゲンの量を抑えて副作用を抑えるために様々なピルが開発されました。
結果として、ピルに含まれるホルモン含有量の減少に成功し、副作用を出ないようにすることができるようになっています。

その中でも、ヤーズは、最も新しい第4世代のピルに分類され、現在最も含まれているエストロゲン量が少ない超低用量ピルです。
含まれている女性ホルモンが少ない分、黄体ホルモンであるドロスピレノンと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールという2つの女性ホルモンが効果的に作用するため、含有量が少なくても避妊効果をはじめとした効果を得ることができます。
そのため、ヤーズは、少ない副作用で高いピルの効果を得ることができるのが特徴のピルとなっています。