低用量ピルではトリキュラーが人気

トリキュラー

副作用が少ないとして人気の低用量ピルですが、国内では「トリキュラー」という種類が人気です。
トリキュラーは3相性ピルと呼ばれるタイプの低用量ピルで、レボノルゲストレルといったホルモン製剤を含んでいます。

レボノルゲストレルなどのホルモン製剤を体に取り込む事で、ホルモンバランスを一定に保ち避妊などの効果を発揮する薬です。
3相性となっているトリキュラーは女性本来の自然なホルモンバランスに近くづくよう、成分が3段階に変化し配合されているのが特徴です。
一気にホルモンバランスを変えるのではなく、徐々に変えて行くので体にへの負担が少なく副作用も起こり難いと言われています。

トリキュラーには21錠入りのものと、28錠入りのタイプがあります。
それぞれの正しい服用方法をチェックして、間違えないようにする事が大切です。
21錠入りタイプの服用方法は21日間連続で1シートを飲み終わった後、7日間は休薬し次のシートの1日目からまた飲み始めるというサイクルで服用するのが特徴です。

28錠タイプの場合は21錠と同じ、ホルモン製剤が含まれている本薬に加え、ピルとしての効果が無い偽薬が7錠含まれているのが特徴です。
28錠タイプは、28日間連続で1シートを飲み終わった後はそのまま次のシートの1日目から、また飲み始め28日間の期間ずっと飲み続けるというサイクルで服用します。
21錠のように休薬する期間はありません。

ピル全般に言えることですが、トリキュラーは毎日服用して効果を発揮します。
また、できるだけ同じ時間帯に服用するのもポイントです。
休薬期間を設けてしまうと、場合によっては服用するのを忘れてしまうケースがあります。
28錠タイプはずっと本薬と偽薬を飲み続ける事になるので、飲み忘れが心配という方におすすめです。
副作用が起こり難いという安全性、そして21錠タイプと28錠タイプから選べるなどの利便性がある事から、トリキュラーは多くの女性に選ばれています。

トリキュラーを服用すると必ず太るわけではない?

女性のライフスタイルをサポートしてくれるトリキュラーですが、中には「ピルを服用すると太る」というイメージがあり、試してみるのを躊躇してしまう方も少なくありません。
何となくピルを飲むと太るというイメージが定着していますが、本当に体重が増加してしまうのでしょうか。

トリキュラーをはじめとするピルは、女性ホルモンのバランスを変えて妊娠中と同じような、ホルモンバランスにするという特徴があります。
妊娠中は排卵もストップしますが、これは女性ホルモンのバランスが一定にキープされているためです。
エストロゲンとプロゲステロンという、2つの女性ホルモンのバランスが変化しなければ、卵巣が休んでいる状態となり排卵も起こりません。

妊娠中と同じような女性ホルモンバランスとなるので、場合によっては食事の量が増えてしまい体重が増加してしまうケースもあります。
ただ、服用したからといって必ず太るという事はなく、個人差があります。
体質によってピルを服用中はむくみやすくなる事から、太ったと感じるケースも多いようです。

ピルを服用すると妊娠中と同じようなホルモンバランスの変化が起こるため、体が勘違いしてしまい食欲が増えてしまうようです。
トリキュラーを服用して食欲が増すという方は、食事制限などをしてコントロールする事をおすすめします。

トリキュラーを服用しても太るのではなく、あくまで個人差があるという事は覚えておきましょう。
もし、体重が増加してしまったとしても、わずか2キロから3キロ程度ですので見た目的に太ったと感じる事も少ないようです。
体重増加が気になるのであれば、日頃からマッサージをするなど、むくみ対策を行う事をおすすめします。